体験会 他 チームリーダー新設

天の声

5日土曜日今日はなんと!!!

元気でパワフルな年長さんが体験会に参加してくれました*\(^o^)/*
楽しかった〜と元気に帰ってくれました。
また、選手へのあいさつでは、ありがとうございました!とハッキリ元気にあいさつが出来、とてもさわやかな気持ちにしてくれました。
ありがとうね トウマ君。
またいつでも遊びに来て下さいよ〜。

さて、悩める主将ゼン君
この冬の期間にたくさんたくさんの修正練習をしていきましょう。
今ゼンがどういう形になっているのかをゼンだけではなく、チームのメンバーみんなにも共通する点もあるので簡単に説明します。
文章で書くには無理もありますが、極力簡単にわかりやすく書いてみます。

打撃・・・体重移動が平行型ではなく、上下となっていて、バッティングに於いてとても大切な『間』がなくなっている状況です。
『間』がないことにより、前にのめり込む形となり、右足いわゆる軸足が軸とならないで、体重移動が完全に終了してからの結局は腕力任せの手打ちです。
不器用で、少し頑固な面もあるので、時間は多少かかりそうですが、素直な気持ちで一緒に修正していき、一振りでヤンチャーズを勝たせれる主砲への成長を超期待してますよ。
まずは、修正・成長には不要なちっぽけなプライドは全て捨てて、本物の大きなプライドを手に入れて下さい。

スローイング・投球・・・ボールの目に指先をきっちり掛けるのが硬式ボールの握り方の基本です。指先が二本とも浮いて見えているのは、完全に基本外であり、偶然いい送球が行くことはあっても、安心で安定したスローイングにはなりません。だから今、投げてみなけりゃわからない!ボールに聞いてくれ状態です。

そしてそこに身体が強いせいで、腕力任せの後ろ体重で投げてしまうクセがあります。
本来なら圧倒的武器になるはずのゼンの大きく強い身体が、今は逆に邪魔になってしまうというツライ状況なのです。

まずは、スローイング・投球は下半身を中心とした足で投げるのだという基本を身体に覚えさせていきましょう。わずか何ミリ単位のリリースを腕で、指先で、調整しようなんて出来ないのです。

投打ともに『軸』が必要不可欠です。

打撃・送球ともに、大きな身体を武器に出来るようにシーズンオフに一緒に真剣に修正しようね。

とても期待してるからね。

新加入選手池タク・・・足の速いのはやっぱり武器になりますね〜
気になるのはアームマシンのような肩だけで投げてしまう投げ方です。
投手としても野手としても球が浮くので、強い球がいきにくくなります。

リリースがほぼ真上?!後ろ!?・・・個人差がありますが、そこから10cm〜20cm前方で指先にしっかり

かかった状態でのリリースポイントを自分で探して行きましょう。
ゆるい回転のかかった球が強く速い回転のかかった球に変わってくるのを自分で感じながら自分のポイントを見つけて欲しいです。
身体能力抜群!今のうちに修正していきましょうね〜。指摘したことをその場ですぐに直そうとする素直な

態度はとても好感が持てます。
絶対に良くするので、信じて一緒に頑張って行きましょう。

明日日曜日も練習及び体験会の最終日です。
素晴らしい二色の浜Gを利用しての練習となります。時間を大切に考えたキビキビした動きに期待します。
体験者を除いて、食後の昼休みの遊び時間はありません。
短時間で濃い選手ミーティングを行います。

主将・副主将は居ますが、チームリーダーが居ません!

 

兼任があるべき姿かと思いますが、別途決めたいと思います。主将・副主将は変更出来ませんが、

ームリーダーは変更可能。学年関係なく、監督権限でグラウンド内での指示・いい切りを任せたいです。
出来る出来ないよりも、監督のやりたいことを、グラウンド内でそのままやろうとする姿勢を見せて

くれる者を求めます。

現時点での技量などまったく関係ありません。
グラウンド内では自分の感情抜きにして、チームの為にとやろうとするか否かです。
常にチームの為にと動ける者を求めます。

技量なんて二の次です。監督だって好き放題言うわりには、50歳という年齢もあり、捕れると思った打球にも腰が曲がらず届かないなど、カッコ悪い面だらけです。でもいいます。やろうとはしています。
下手くそですが、みんなより元気に守っているつもりです。

全14名の中から我こそは!と成長の為に挑戦したいと言う者が現れることを期待しています

学年破壊をどんどん進めて、強いチーム作りましょう。学年破壊とは、下剋上のようなものだけではなく、

六年生が最高学年らしく、中学生のようにと言うような意味も含まれています。
チームリーダーは変更可能。挑戦待ってます。

不器用な男に想いが届きますように☆☆///

 

※ 万葉大会 次もがんばれ~♪