平日練習 集中力足りないような・・・

天の声

 

選手が巻き込まれてしまいました。。。

堺市での不審者情報・・・選手はもちろん、地域の方々に被害がなくてなによりです。

大阪府警警察発表の安全情報の中に、下校時間14:00頃の情報が出ていました。

不審者でなくても、毎日のように通学路に車が飛び込むという痛ましい事故が起こっています。

車は凶器!私も含め運転者はみんなであらためて肝に銘じていきたいと思います。

 

さて、今日は平日練習。夕方17:00を過ぎると急激に気温の下がる季節になってきました。

今日もじっとしている時間は冷えましたね~。母たちの姿は、もう真冬の様相でしたw

 

我がチームの子供たち・・・元気はいいのですが、野球選手ではない!

そんな感じで今日も見ていました。

それなりにボールは欲しがるようにはなってきていますが、どうも大切な声の反応は苦手・・・

一瞬の判断を要求される『ボールへの声の反応』 見本を見せても見せてもなかなかできず。

バットに当たる時の瞬間を見ていないのか?まさか???とそう感じてしまいます。

 

野球選手としてのとても大切な要素の一つです。

毎回の練習で、その技術をいち早く身につけて欲しいと願います。

 

自分への打球に対する一歩目を習得していくためには、自分以外への他者への打球にも

反応し、動き、声をだす!この繰り返しがとても大切です。

一歩目の反応は、勝敗を左右し、出来なければ負けに・出来るようになれば勝ちにつながるのだ

との意識をしっかりと確認しましょう♪

 

野球の勝ち負けは、一本の本塁打よりも、一歩目でつかんだ1アウトに流れが左右されることが

多いのです。

相手投手によって打てたり打てなかったりの波のある一人で攻撃する打撃よりも、全員で立ち向かう

一歩目を大切にした集中力ある守備での攻撃!の方が遥かに価値があり、実のある攻撃です。

 

監督の野球観は、一人のスーパースターには興味がなく、全員で戦う野球をいつも目指しています。

一つの打球に対し、ラインを大切にしたカバーや全員の動き、そこに必要な指示の声。

小学生でなおかつ学年バラバラ・・・そんなチームでそんな野球が出来るようになったなら・・・

カッコよすぎます♪ カッコいいチームになっていきましょう。

何度も何度も言っていますが、監督の目指す野球は、全員が動かなければ、理解をしていかなければ

成り立たないのです。守備も走塁も全員です。

野球を好きになって、野球を理解して、全員で一つのアウトを捕りに行く。

全員でとったアウトなのだから全員で声掛け合って当たり前じゃないですか?

どこに打球が飛んで行こうが、全員が動くのです。全員が発声するのです。

早く、早く、野球に全員が興味を持って欲しいです。

 

今みんながやっているのは投げて打ってボールで遊ぼう!です。 野球ではありませんよ~♪

 

一度人数が減ってしまうと、その弊害はとても大きいと感じています。

野球を知っていて、それを忠実に実行していた先輩の姿を実際に見れていない・・・

だから理解に苦しみ、なかなか実行していけないのだと。

少なくとも現6年生などには、いいかげん実行に移して行ってもらいたい!

常に集中力を持ったプレーでいい見本になっていてもらいたい!そう願います。

 

さてさて、悩みの渦潮にハマッテなかなか抜け出せないRIKUROU君!!!

バッティングは悩めば悩むほどハマリマス!だからハマッテます。

せっかく持っているインコースの上手い腕をたたんだ打ち方にまで、悩みが影響してるような・・・

極端に技術的問題があるならば修正すべきですが、そうではないのです!!!♪♪♪

監督から言わせれば、しょうむない細かいことを考えているから、それがバットを握る指先に伝わり

0.0何秒で左右するインパクト・バットの出に影響していると見ています。

必要以上に結果を気にせず、来たボールに素直にバットを出す!外は徹底して右中間です。

得意なコース、高低を2つ作りましょう。確率高く捕らえれる得意なコース・高低です。

全部打てるのはイチローだけですよwww。

あせればあせるほど、自分の得意でもないボールに手を出して、どんどんバッティングを崩して

いくのが悩む者のたどるバッティングの怖さです。

得意コース・高低を2つ持っているだけで、変なw自信と安心感が持て、打席での余裕になって

現れます。余裕を持って待たれたら、投手は投げにくいのです。

投げにくい投手はボール先行となり、ストライクを簡単にとりに来ます。それを狙いましょう♪

と・・・言うのは簡単だよねwww 

 

体重が増えて、身長が伸びて、また違う打撃スタイルとなるまでは、得意コースを狙ったところへ

狙い打ちできる技術向上に特化した練習を薦めます。

球筋の安定したマシンを自分で打席位置を変えて、徹底して同じ場所での打ち込みが早道ですが、

その環境にないならば、手投げでも少し前から投げての練習が可能です。

一緒に出来るときはどんどん協力しますよ~。だって勝手に俺の子ですから。

 

次からの水曜平日練習には、試合で使っているバットでの徹底したカゴ内打ちをやっていきます。

フォームや野球知識については中学部指導者に指導を受けて、ヤンチャーズでは、指先・脳内を

軽くして、バットがスッとでるようになる練習をして行きましょう♪

心配無用!技術的な問題点はない!自信もって振れば大丈夫です。 がんばろう♪