平日練習 無数の守備機会あり

天の声

水曜日練習お疲れ様でした。
しょうご君 欠席・・・修学旅行らしい。
本人から直接は聞いていないので、無断欠席。
さて、土曜日どうしましょうか。
煮るか・焼くか・放置か?! 楽しみです。

カイ君・・・永久自由人。体験者扱い。

中学生OBが今日も手伝い及び調整練習に来てくれました。嬉しいことです。
現役選手に対して、OBとしてのバッピは必ずしてもらいますので、時間あって、

勉強しないならw必ず来て下さいね。

水曜日平日練習は、基本的に打撃中心に練習をしています。
但し、打撃練習は、打席に入っている者1人です。他の者は守備練習をしているはずです。

無数の守備機会があり、無数の発声練習機会があり、無数の一歩目チャレンジ機会があります。

同じ練習時間で上手くなる選手とそうでない選手の境い目は、自分で練習機会を大切に出来るかが大きい

と思います。

ただ守備について、近くに来たボールにだけ何となく反応して・・・の者。
1球1球に集中して、反応して、発声して守備を助けて、一歩目を繰り返す者は、

↑ヒトの数十倍早く上手くなります。

同じだけ練習機会を与えているので、上手くなるかどうかは本人のヤル気次第で左右されるのです。

指導者の言い訳に聞こえますか?
何度も同じこと言っているので、言ったその時にしかやらない状況には言い訳もしたくなります。
来るとわかっているノックも数をこなせば、いい守備練習となります。受けた数だけ上手くなります。
が、生きた球への反応が一番です。
打撃練習時の守備機会ほど素晴らしい守備練習はありません。
その機会を大切にして、みんなで上手くなって欲しいと思っています。

【投球練習について】
岸和田野球の基本であり、鉄則を伝えます。
投手を育てるのは捕手です!
いい捕手が育てば、投手はすぐに良くなります

捕手を育てるのは指導者です。
叱られて叱られて、叱られて続けて捕手は育って行きます。
その捕手が、投手を育ててくれます。

岸和田では左腕でない限りは、投手には捕手も捕手には投手も同時に経験させます。

投手は捕手が育てる!が鉄則です。
数年間続けてますが、岸和田はまずは正捕手を一番先に決めてからのチーム作りです。

投球練習で捕手として受ける者は、その投手を自分が良くするのだとの意識を持って受けてやって欲しいです。受け方・掛け声・返球・などさまざまなことが変わってくることに期待しています。

日曜日は、ジュニア大会ですね〜。
楽しみですね。どれだけ成長しているのか、来季に向けての一定の尺度となる大会です。
土曜日の練習にて、ジュニア中心守備シフト練習を予定しています。
六年生は打撃・打撃・打撃です!

ゼン君 修学旅行、行ってらっしゃ〜い♪