41期生 卒団式!卒団生それぞれに

   天の声

 

   3月8日日曜日・・・とうとうこの日がやってきました。

   前日が最大の目標であった全国予選の決勝戦!負けた場合の卒団式・・・予定が決まってから

  はヒヤヒヤしていました。が、結果は圧勝!全国出場です。

   

   卒団式に顧問が不在・・・寂しい想いでいっぱいですが、所用ありこの日しか設定できなかった

  ことが悔やまれます。また、支部長・忠岡ボーイズ代表・岸和田ボーイズ代表と多忙なところ

  最終最後まで列席賜り、全国出場へのお祝いまで頂戴したこと感謝致します。

  

   12名との3分・5分の話・・・1時間以上かかりましたが、本当はもっともっとたくさんゆっくり

  話したかったwそういう想いです。

   一人一人をじっくりと観察し、毎週毎週たくさんの話しをし、あっと言う間のような長かったような

  そんな充実した一年でした。

 

   【夢追人】・・・至学館高校 校歌

   式の中でも紹介しましtが、暑い暑い夏、熱い予選決勝戦での大合唱!素晴らしい歌です。

   『1番高い場所に登って、1番光る星を掴んだ!1番つらい道を選んで、1番強い心をまとった!』

   『夢を追い続けた、そしてここまで来た!どうしてかな熱い涙が止まらない。』

   『うつむきかけた時、君の顔が見えた、差し出された白い腕が翼に見えた。』

   『夢を追い続ける、もっと遠くへ行く、でもどうしてかな?いつもみんなに居て欲しい。』

 

   個人の高いスキルを集合させ、そして団体で戦う野球というスポーツ!

   この歌はそんな野球にピッタリだと・・・そう思います。

   君たちはまだ12歳の小学生!人生をかけた野球のスタート地点についたところです。

   しかし、12歳の頂点に立とうとしています。15歳でも・18歳でも・22歳でも、節目節目で

  その頂点を目指せる位置に立てるだけの努力を期待します。

 

   怒鳴られ・叱られ・交代してはベンチでボロカスw!熱い夏にあえて走る!しんどかったよな。

   天の声は、冬トレであの階段登りを最終60セットを全員が出来るとは思っていませんでした。

   まだ小学生です。君達の下半身と精神力はすごいです。よくがんばってきました。

   

   式では時間なく、本人に伝えることと皆さんにお伝えすることとが混在し、本人に伝えたいこと

  の半分も言えていませんwww。長かったですが・・・

   

   坂元ひろゆき・・・主将お疲れ様でした。ひろゆきでよかった。ありがとう。

   ひろゆき~!っと何回呼びましたか?数千回www 最後は『ひ』の一言でハイ!と言える所

   まで敏感になってましたね。まだまだ弱いなぁ~と感じる部分は見えますが、たぶん自分の

   短所として自分でわかっているのではないかと思います。そこがこれからのひろゆきの課題!

   そこと真剣に向き合って、素晴らしい野球選手として成長してください。

   腕力が強くそこに頼ったスイング!恵まれた体格を生かして、スイングを始めた腕と一緒に

   体がついて来れるスイングになれば無敵!今は、腕だけで打っています。なかなか修正でき

   ませんでしたが、最終段階作り上げて見よう。びっくりするほど飛ぶ感覚を!土産に。  

   本当はもっと投げ込みさせて、投げて投げて強い肩を作ってやりたかったのですが、

   監督はこのチームでは負担の分散を決めて、一部の投手、大エースを作ろうとしたチーム

   作りをしませんでした。故障離脱のリスクから逃げたチーム作りです。

   素材としては、大エースとなれたひろゆきですが、身体を作ってから仕上げて行って欲しい

   と思います。基礎でおかしな部分はありません。少し肩・肘に負担はかかりますが、歩幅を少し

   大きくすればもっともっと球威は上がります。やらせませんでしたが今後が楽しみです。

 

   古川りつき・・・副主将お疲れ様でした。しんどかったよな。しんどい想いさせました。

   素直で真面目で一直線。すべてを吸収しようとする姿勢には、驚かされていました。

   野球やスポーツへの意識の高さや考え方を伝えれば、それをチームに自分で求めてしまう

   そういう部分からチーム内での空気・自分の立ち居地を見失ってしまうこともありました。

   監督の至らなさが原因です。時間を大切にしようとする姿勢!本気で目標と立ち向かう姿勢!

   いい見本となりました。ありがとう。

   中学野球に集中したいと早くから勉学に・練習に励みストイックになっていったりつきの

   野球人生のスタート!人と同じことを良しとする風潮のある日本文化の中にあって、このりつき

   の決断した新しいスタイルには、監督も色々な勉強をしました。   

   りつきへのアドバイス。身体の成長と共に変わってくる形について、その都度完成形を求める

   とすべてがバラバラになって行きます。基本の形だけを持って、長期間(1年単位)続けて

   オフ期間に改善する。このルーティーンを安心して続けることです。

   9冊となった野球ノート・・・最後に持ってきて下さい。

   『岸和田に吹いた風・・・世界へ届きますように!』 be together 一緒に!

   

   平田こうすけ・・・主将目指そうな。そういう気持ちで取り組めば、こうすけはすごくすごく

   素晴らしい選手になります。そのしんどさから逃げてしまえば、いつかこれぐらいでいいか?

   という怖い怖い心の魔がこうすけにおそってきます。自分と戦えればこうすけは必ず大成し、

   チームを最高の場所へ連れて行けるトップ選手になれます。

   心の魔とどこまで戦えるか!こうすけを見てきた監督が思うことです。もっと充実した野球ノート

   にしたかったのですが・・・こうすけにはまだ少し早かったかなと。。。

   投手としては、力を入れると目をつぶってしまうこの癖が難敵です。

   ひろゆきと同じで投げ込み肩を作る方向には進みませんでした。

   多少投手力弱くとも、みんなが打撃でそこに居る!この選択をしました。

   目指すなら、リスク承知で自分が芯を持って挑んで下さい。指導者は救われます。

   決勝戦・・・犠牲バントでこうすけにつないだ2・3塁のチャンス!あの場面での3ラン本塁打!

   チームを救い・監督を楽にしてくれました。ありがとう。全国とろうな!

 

   池田こうたろう・・・ボールを見ない・ボールを取れない・走れないwww3拍子揃った選手・・・

   だった、こうたろう!今では押しも押されもせぬ岸和田の中心選手。

   こうたろうの頑張りは、監督の生き方にまで影響を与えました。おおげさではなく、こうたろうを

   見て、この歳で大切なこと学びました。成長したかなと思うと同時にあっという間に大人の階段

   を登り始めました。まだ早いよ~。こうたろうが練習中に【あっこれだ!】と打撃の感触を

   つかんだ1球を監督は知っています。そこからこうたろうは自信をつけ変わって行きました。

   たくさんたくさんの暴言に近い言葉を浴びせて来た守備面も今では見本となる成長ぶり。

   野球に必要な短距離的な走り方・・・そこが今後の課題。徹底して取り組み克服して下さい。

   すべての課題を1つずつ確実に克服してきたこうたろうなら大丈夫!期待しています。

   あんまり急いで大人になるなよ~母と妹に優しくな!

 

   洞とうま・・・水曜日来れない。年間50回監督とゆっくり打撃中心の練習が出来なかったのは

   少し寂しかったのと、残念な気持ちです。試合の多かった今季は特に水曜日の打撃練習は

   とても有効にみんなの成長に働きました。打撃練習=打球が飛ぶので同時に守備練習です。

   チーム事情による色々なチームへの移籍・・・しんどかったと思います。

   持ち前の明るさで、岸和田の選手ともすぐに打ち解け、指導者の違いにも戸惑うことも多少は

   ありましたが、素直にしっかりと対応してくれました。積み重ねてきたことを否定するような指導

   にも、はいわかりました!と実行しようと頑張る姿はうれしかったです。

   野球を続ける上で、自分の武器を手に入れて下さい。それが何なのかを探す旅がとうまの

   中学2年間だと思います。迷ったらまず連絡。せっかくの出会い監督は大事にしたいと思って

   います。和歌山からの1年間両親に感謝。そしてお疲れ様でした。

 

   射場たかと・・・新聞にも出ていましたが、決勝戦先発起用の理由。勝負度胸を買っての起用。

   そしてもう一つ、体重を十分に球に乗せてのボールの重さです。

   一冬超えてから、たかととキャッチボールをした時に、驚きを感じました。

   ズシッと来るグローブへの感触!新たな武器を手に入れた指揮官の喜びを感じました。

   たかとへのアドバイス。あきらめないこと。続けること。比べないこと。

   競争を楽しむこと。努力すればたかとは最後は勝てる男だということを知っておくこと。

   厳しく言われることに対して強い!これもすごく大事。だから言える。気にせず言えた。

   たかとの大逆襲を楽しみにしています。

   弟はるきは不安いっぱいです。兄としてしっかりとフォローしてやって下さい。よろしくな。

 

   大松れん・・・野球続けてやって欲しいなぁ~ と静かに思う指揮官。

   文武両道の道を目指せるのではないかな。顔は賢そうwww。実質は知らん。

   大きな家の庭に、ティー練習が出来る練習場完備。なかなかない環境です。

   その甲斐あって、毎日真面目に取り組んだ素振りと合わせ、強いスイングが完成してます。

   食トレ・・・苦しいことだけど挑戦して見るのもどうかと思います。体作りが近々の課題。

   監督も小さな体で悩んだ時期がありました。でも昔はむちゃくちゃ飛ばすバッターだった・・・

   今はその欠片もないですがwww 歳には勝てん。筋力も全くなくなりました。

   チャンスを掴みかけてはスルッと逃がす・掴みかけてはスルッと逃がす。この繰り返しでした。

   競争に入った時にどうするのか?たかとやとうまがそれを実践でよく出していました。

   絶対に・・・○○してやる!この絶対に!の部分が弱いのではないかと感じます。

   スポーツはレギュラーを捕り切れば、楽な部分もあります。競争時点は長いので大変です。

   ただ、そこで捕り切れば、信頼感も倍増し、指導者に揺ぎ無い安心感を与えます。

   れんへのアドバイス。泥臭く、アホになれ!アホなれたれんはきっと強い!

 

   雪定こうだい・・・離塁・盗塁への不安以外は走・攻・守3拍子揃いました。

   だからこそ、課題の離塁・盗塁判断の不安露呈が目立ちます。足という武器が武器として

   使えない場合には、それが短所となってしまう最悪の場合があります。何度もきつく叱って

   いたのは武器として使ってもらいたいから。色々なことに余裕が出てきた今、そこにしっかりと

   挑戦していく!しっかりと下手を自覚して取り組んで欲しいです。

   小学生での活躍は忘れる!そうして真面目に努力する!そうすればここからのこうだいの

   監督には見える成長に誰も追いつけない!真面目にひた向きに努力すればの話しです。

   スマートな性格でもあるこうだいの敵は、真面目に一生懸命することをカッコ悪いと思う時期

   に、そこを乗り越えて野球と向き合えるかです。これからどんどんと力を付けるであろう

   こうだい。どれだけ中学校の弱者に対して優しくなれるか!強くなれるのだから弱者の味方

   であって欲しいと思います。カッコいい男に成長して下さい。

   どっぷり競争のある世界へ行くことを薦めます。

 

   牛屋まさゆき・・・まさゆきもある時期は本当によく叱られましたね。よく叱りました。

   そんな課題も克服でき、すっかり叱ることもなくなりました。無くなるのには2通りあります。

   ①指導者があきらめる。疲れるのでエネルギーを使わなくなる。

   ②課題を克服し言うことがなくなる。

   まさゆきは見事②となりました。しんどかったwww お前もしんどかったよな。俺も。

   一時は、何でこんなに反応ないのか?こいつ聞いてるのか?やろうとしてるのか?

   って時期もありました。指導者の言葉にどれだけ素直に耳を傾けれるか?成長の近道です。

   但し、信頼関係がないと難しいですが・・・。監督の不甲斐なさが原因かと考えます。

   守りで生きていける数少ない選手!プラス材料として、走塁にもっと関心と興味を持って、

   自分を生かす武器として手に入れて欲しいです。関心と興味が必要です。

   打撃力は今はなんの心配もいりません。体は小さくとも筋力さえつけばボールの捕らえ方は

   上手いので心配いりません。まさゆきは守備のスペシャリストを目指し、一番難しいと言われる

   セカンドのトップ選手にと期待します。本当に上手い選手が就くセカンドの華麗な守備が

   監督は一番好き。チームで一番上手い選手がセカンドを守る!そういうチームが理想です。

   あとは走塁の大切さをもっと真剣に考えて取り組んで自分の武器を増やしてくださいね。

 

   小瀬ともき・・・歴代史上最悪に叱られた選手ですwww。

   ついて来れるか?あんまりしんどくて悩むようなら右から左へ受け流すこともいい!とさえ

   伝えながら始まったともきとの戦い。監督は戦っていましたともきと。

   これぐらいは成長するだろう!と想定していたところまでは正直届かなかった・・・悔しいです。

   監督の想定はだいぶ上でしたwww。この予想を阻んだのは何だったのか?

   もっともっと話したかったです。3ヶ月位一緒に暮らしたかった!そこまで思います。

   きつく接してきた分、思い入れが半端なく強く、正直ともきはやっとおさらば出来る・・・なんて

   考えているかも知れませんが、監督は正直バトンタッチまだしたくないと思っています。

   努力の積み重ねで掴んだ下半身の強さ。線は細いが強いものが出来上がりました。

   ともきはとにかくメンタルです。これからここが課題で多くの壁はそこに入り込んで来ます。

   とことん追い込む!あえてそうすると話していた上で、異例の取り組み方をしましたが、

   なぜか?すぐに元に戻る・・・監督はとても悔しいです。

   とは言え、チームではすっかり中心選手に育ってくれたことはうれしく思っています。

   これは一時的に体の成長がもたらした効果で、メンタル面はまだまだですが。

   打撃力が生んだ自信が、チームメイトとの付き合い方にも変化をもたらしました。

   仲間を大切にしようとするともきの行動はチーム随一です!素晴らしい成長です。

   明確な目標に向かい、努力の人『ともき』が勝つ姿を見せて下さい。

   次の指導者へバトンタッチです・・・

 

   藤原かつや・・・チーム事情もあり、かつやの成長にとってこのチームはある意味、遅らせた

   かも知れません。出場機会に恵まれずに、試合勘を勉強するには少なかったと反省してます。

   その反面、競争の中で自分に足りないものを明確にできたことは良かったのだと感じます。

   秋が過ぎ、かつやと話す機会が増えました。春に向けかつやとの勝負を始めました。

   春に向けてとは・・・先日終わった予選です。かつやはわかっているはず。

   今回の勝負にはかつやは監督に負けました。だから予選には出ていません。

   年が明け、予選前の練習試合から先発メンバーとして多くの試合に出場し、持ち前の打撃力

   を披露しつつありました。が・・・走塁・ボールに対する集中力が監督の野球には、

   ハマリませんでした。

   そうは言っても、ここ最近のかつやの打撃力の目覚しい成長ぶりにはみんなも驚いていると

   思います。監督はもっと出来ると思っていますが・・・

   課題の守備にもフライに関しては余裕が出てきました。あとはゴロに対する動き方とグローブの

   使い方です。何もかもすぐには難しいですが、ここからのスピード感あふれる成長は楽しみです

   打撃に自信がついてくれば、一つの自信を武器に色々な成長が見込まれます。

   11日の平日水曜日練習でのかつやの変化・・・監督は見逃していません。

   かつやが何を持ってこの水曜日練習に来たか!すぐにわかりました。

   八尾大会~東京全国大会!かつやがどこに居る?自分の殻を破る挑戦をするかつやを

   応援します。自分の殻をこの岸和田いるあと少しの間で破るんだ!と挑戦するなら応援します

   アホになってバカになって、真似をして!勇気出して自分と戦え!

   チームメイトをビックリさせて欲しいと願います。

 

   西田しょうた・・・もう少しはやく出会いたかった。しょうたが明るい子で監督はすごく救われ

   ました。入団後にすごく悩みましたが、明るいしょうたで救われました。

   その明るさに甘えて、出場機会を十分に与えれていない自分の逃げ場を見つけていました。

   本来は同じように出場し、その中で戦いを進めるべき指揮官としての責任。

   監督に10人目としての力がもう少しあったなら、一緒に戦えた試合はもう少し多く出来たはず

   と思っています。余裕がない監督も成長していきます。

   ただ、しょうたには、みんながつないで来たボールというバトンを、簡単に後ろにそらしてしまう

   という技術力に欠けていたのも事実。

   野球は点を取るゲームであると同時に、点を与えないゲームでもあります。

   どちらかに長けているか?どちらにも長けていないか?

   このチームには、無駄な失点をするな!特に秋以降は強く言ってきたチームです。

   その中では難しい位置に居てしまいました。どこかで追い越せるように、もし、次の指導者が

   同じように、特別に一緒に練習しよう!そう言ってくれる時があるなら迷わず行け!

   そうアドバイスします。夏休み・・・電話欲しかったぞ~!寂しいぜしょうた。

   年の離れた弟の誕生。いいお兄さんであり、お母さんを助ける優しい男であって下さい。

 

   以上12名 41期卒団生!

   楽しい一年間をありがとう♪ 原点は岸和田にあり!

   野球人生のスタート!おめでとう。

   師弟の絆を結べる、いい指導者にめぐり合えることを願っています。

 

   42期生 はるき!いっちょうやったろか! 合同頑張ろうぜ♪

   夏頃までには強いチームに!新たな戦いの開始だぞ~ 奇跡を起こそう一緒に!

 

   天の声