RE選手全員にコメント 前半

      天の声

 

    10月10日・・・ひと昔前は『体育の日』と言えば10月10日。

    運動には最適な季節だと思います。体験にどんどんと来てもらいたいですね~

 

    さて、一昨日に再開しましたが、久しぶりに朝の出勤前を利用しRE選手全員に

   今指揮官が感じていることを簡単にコメントします。

    いいこと、耳の痛いこと含め現段階の率直な想いです。

 

    背番号

      1 HIROYUKI・・・いい主将になりました。私が頼りになると感じているのですから

        選手からの信頼は想像出来ます。思い返すと1年生~入団し、4年生後半

        までは、泣き虫HIROYUKI!その姿からの成長のギャップに驚いています。

        投手として・捕手として・打者として、すべてに於いて小学生としては

        高いレベルに来ました。メンタルにやや不安を残しつつも、目標はしっかりと

        したものを明確に持っており、自己啓発もコツコツと続けれています。

        ここから先は、自ら進んで自分を追い込めるか?そこに今後の成長のヒント

        があるように思います。まだやらされたらこなす!という部分が目立ちます。

        努力の大切さを身近で教えてくれる姉を持ち、その頑張る後姿を見ながら

        野球が出来る環境に育ったことで、この1年あきらかにスイッチ入ったかな?

        と思いますが、ブレーキかけることなく、さらなる飛躍を期待しています。

        

      2 KOUSUKE・・・入団当初は主将候補の1番手・・・そう見ていました。

        見ていました。過去形です。多少なら許せますが、あまりにもいい加減!

        もったいない・もったいないと感じています。副主将も約半年間の様子を

        見ていましたが、任せれない!そういう悲しい決断をしました。

        とはいえ、1番打者としての選球眼の良さなど技術的な成長は顕著に

        現れてきています。打撃スタイルも余分な力が抜けた楽な立ち方に変わって

        からは、無駄なバックもなくなり、打ち損じが大きく減りました。

        元々長距離砲ではありませんが、今のスイングスピードと身体能力からすれば

        本来はもっと鋭く強く大きい打球が飛ぶはずです。

        すでに指摘はしていますが、伸び切って打つスタイルを変え、少し重心を低く

        して行くことでだいぶ変わってくるはずです。多少打てなくなってもいい!

        変化する時はそんなものだ!そう割り切って変える勇気を期待します。

        12月後半~1月末のオフシーズンに思い切ってスタイル変更してみては

        どうかな?と感じています。上半身で打たず、下半身で打つ!

        先頭打者核弾頭となるKOUSUKEを楽しみにしています。

        走塁については、オールスター選抜後くらいから明らかに成長が見えます。

        一瞬の判断の良さが目立って良くなっていますので、もっともっとスペシャリスト

        と言われるような武器として、自分を生かせるように磨いて行って下さい。

         投手は捕手が育てる! まだまだ

         勉強することは多いですが、エースとのいいコンビになっています。


      3 KOUTAROU・・・この選手ほど指導者としての喜びを感じさせてくれる選手は

        いません。入団当初はと言えば、体力的な不安もあり、野球を知らない部分

        など含め、正直大丈夫?との見方もありました。

        それが今や、チームの最大のキーマンであり、チーム打点では1番の選手!

        勝負強い、気持ちの強い選手に成長してくれました。うれしい限りです。

        また、低学年への配慮・気配りなども随所に見せてくれ、自分のことで精一杯

        だったことを振り返ると、こういう部分に体力的・技術的な余裕が現れてきて

        おり、一つ一つの自信が、こうも人間を成長させるのか!と改めてKOUTAROU

        を見ながら痛感しています。

        まだ少し球の持ち方に不安があります。どうしても指先が余る持ち方から

        抜け出せていません。が・・・基本からは少しかけはなれていますが、

        もしかしたらそのことで、とんでもない変化球を投げることが出来るかも?

        元々はその欠点から送球の回転が悪く、強い送球・正確な送球が出来て

        いませんでした。若干まだ指が浮いてますが、だいぶましになっており、強く

        大きくなった体に伴い、送球も安定してきています。

        1塁手のミットさばきをとても重視しています。不安はKOUTAROUの代わりが

        居ないこと!これは指揮官として危機管理不足であり、KOUTAROUの成長

        による副作用です。安心して任せれています。

        課題は・・・チームで一番多かったはず・・・多くを克服し、なくなった???

        1つあげるなら、急速に大人の階段を登り始めたので、もう少しゆっくりで

        いいのでは?と親と同じような気持ちでみています。

 

      4 TOUMA・・・縁あって出会い、そしてやっと1年が経ちました。

        ヤンチャーズに入団し、伸び伸びとやっているように見受けます。

        まずは細かいことをとやかく言わずに、伸び伸びやらそうと始めました。

        1年が経ち、TOUMAという男がようやくわかって来ました。

        根はものすごく真面目、ただ、メリハリつけれない性格が邪魔をしています。

        野球が好き!野球小僧です。

        技術面では、これまでの自分とチーム方針の違いで、上手さを前面に出した

        スタイルからの変更を要求してきました。

        上で野球をする!と強く決意している中で、入団して来た時のスタイルを大事に

        していたのでは、通用しないと見ました。

        決して走力のある選手ではなく、内野安打を稼ぐ選手ではありません。

        ジュニア以外では難しいとの判断です。ここに来て、ようやくヘッドの返りも

        良くなり、飛ぶ打球の内容に変化が見えるようになって来ました。

        小さくまとまらずに、強い左打者として大きく成長して欲しいと願っています。

        ジュニアで通用したセーフティーも高いレベルのレギュラーでは通用しません。

        練習で、将来のため上手さは維持しつつ、実践では封印するぐらいの気持ち

        で、強く前を大きくしてスイングして欲しいです。

        名将佐々木監督からの預かり者・・・岸和田に入って良かったな!と感じて

        いただけるように、立派に成長して中学野球に飛び立って欲しいです。

        厳しい中にも伸び伸び楽しくという岸和田の野球。規律的に緩く、その中心

        となって流されつつあるTOUMAですが、持ち前の明るさと、チーム1かけ声

        のタイミングにセンスのあるので、苦しい時のTOUMAの存在感はとても

        大きくなっています。ここ一番で最高のかけ声出ています♪

 

      今朝はここまで。出勤です。また今夜にでも。

 

       天の声