ブログ再開します。 解禁月食www

  天の声

  

   久しぶりのブログ更新です。思いのまま筆をとります。

   

   本日は10月8日水曜日。平日練習の日です。

   グラウンドにて練習後ダウンランニング中に選手の上空に月食の始まった満月が

  とてもきれいに上がっていました。

   その後、30分位の間に、写真右のように皆既月食となりました。

 

   さて、まずは予選突破!の話題から。

   正直ホッとした気持ちで週明け月曜日を迎えました。

   3ヶ月前の選手権予選・・・まさかの敗退! 私の中ではまさかの敗戦です。

   そこからは、失意の中、まずはふみづき大会の優勝をクリア!

   次の大きなチーム目標は、秋季大会出場でした。

   

   予選の怖さ!今大会も多くを学びました。 

   苦しんだ勝利の連続・・・きっと春につながっていくであろうと思います。


   決定戦先発のKOUDAI・・・公式戦初先発! それどころか公式戦登板は、

  先月のコールド勝利確定の中での最終回1イニングのみで、そこでも2失点の投手。

   練習試合でも1イニングを投げただけだとの記憶。

   

   私の中では、希望するならば出来るだけ多くの選手に投手経験を積んでもらいたい

  との想いがあります。これまでの大会では、HIROYUKI・KOUSUKE・TOMOKIの3名を

  中心に、TAKATO・TOUMAの5名を回してきました。

   中学では投手に挑戦してみたい!という強い希望を持っているKOUDAIとRITSUKI

  上記5名に加え、投手7名体制で今後は大会に臨んで行きます。


   投手はとにかくマウンド経験。試合経験が必要なポジションです。

   最初の3名については、ハートの弱さが課題で多くの登板を経験させてきました。

   やっと、少しの成長が見えています。

   TAKATO・TOUMAについては、元々強い心臓を持っており、ある程度どんな状況

   でも対応の出来るタイプのため、比較的登板回数は少ない感じで来ました。


   特に、KOUDAIについては現在は肩投げ状態ですが、練習を重ね、下半身をしっかり

  と使えるように なれば、ものすごく楽しみな素材です。

   まだここにKOUTAROUが控えている状況・・・大変です。


   恐らく春には、球速だけを言うとHIROYUKIに次ぐのは背筋力の強いKOUTAROU

  ではないかな?と思います。

   夏を越え、現エースHIROYUKIの成長でここ一番の計算が出来ます。

   思えば今期最初に感じていた気持ち・・・フォームの完成したHIROYUKIを関西で

  打てる小学生居るのかな?という状態に近づいて来ています。あと三歩です。w

   

   さあ~秋季大会出場13チームが確定しました。

   各支部ともにさすがに予選・・・ローカル大会ではコールド勝ちしている相手に予選

  では逆にコールド負けするなど、どこも楽に勝ち進んで来てはいません。

   これだけ力の均衡した年も少ないのではないかと感じます。

   勝ったり負けたりと上位チームは対戦毎に、勝ち負けを繰り返しています。

   我が岸和田ボーイズも同じ。     

   

   但し、今回出場チームの多くは、夏の全国大会出場チームです。

   岸和田ボーイズは挑戦者!大きな大会でのプレッシャーとも戦いながら、相手と

  自分たちの野球が出来るかの3つの戦いが待っています。


   練習で積み上げた自信でしか、普段の野球をやるメンタルは作れません。

   厳しいノックも増えています。全体を厳しく叱る面も増えています。

   全員で1人を応援し、全員が1球を追えば・・・君たちの力は倍増します。

   元々はポンコツ集団だった君達・・・今も若干ポンコツの面影は残りますが、

  よくぞここまで成長してくれたと感じてはいます。


   関西を制する者は、全国を制す! 目指して見よう♪ 全員で。

   山はとてつもなく高いが・・・準備・装備をして登れない山はない!!!


   天の声