やったぜ! 優勝おめでとう♪

 天の声

 

 選手諸君おめでとう・・・そしてありがとう。

 

 早朝からの接待等もあり、父兄の方々の世話・応援あってこその優勝です。

 

 さくら大会・・・HYBに1点差敗戦 

 泉州大会 ・・・NGSBに2点差時間切れ敗戦 ベスト4

 もう少し出来たのかもなという反面、投手全員を浜寺大会までにさまざま経験させたいとの思いの中、選手たちは見事に応えてくれました。

 

 全国予選直前の浜寺大会!

 絶対に優勝する!優勝しようと決意して臨んだ大会です。

 私にプレッシャーがあるのですから、選手たちにはもっと大きな荷物を

背負わせスタートしたことになります。

 何があるかわからないのが、野球であり少年野球です。

 最後まで引き締めるために、今大会は終始厳しく接しました。

 

 この大会優勝すると決めた時から優勝は当たり前!

 目指しているのはあくまで全国です。よって、グラウンドでの優勝の瞬間の感激はあまりにも小さかったのではと感じます。

 これはプレッシャーをかけ続けた指導者の空気であり、そこからの解放に

時間を要したからだと思われます。

 

 全国予選・・・涙・涙・歓喜の涙の中での優勝を選手たちと分かち合いたいと思います。

 

 そのための課題・・・優勝の裏側でたくさん見えてきました。

 捕手も投手も同時に考える野球目指し、次の段階へ進んで行きましょう。

 

 走・攻・守すべてに最終調整し、出来なかったことを再度じっくりと

復習しなおして、22日からの予選に突入していきたいと思います。

 

 長い歴史の中で【第36回浜寺大会】、この世代がヤンチャーズ史上初

の浜寺大会制覇です\(^o^)/

 おめでとう♪ メダルの重たさに比例してこの優勝は重いです!!!

 

 

 さて、全国予選に向けた選手の決意文を読ませていただきました。

 枚数に応じてその用紙をそのまま使い返事を書いて返却しています。

 但し、締切当日受け取った者についてはまだ、返却出来ていません。

 厳しく返答した者、激励した者さまざまですが、それぞれの顔を思い浮かべながら、真剣に対応しています。

 大事な決意文だと伝えて期間を長く持ちました。

 悲しいことに紙の切れ端にちょこちょこと・・期限を守れなかった・・

などなど、まだまだチームが一つになれていないのが見えます。

 

 父兄・選手・指導者が一丸となって結束していくことが更に求められます

 岸和田ボーイズ関係者全員で団結・結束して頑張って行きましょう♪

 

 15日(日)和歌山東ボーイズ様が半田紡グラウンドに遠征してくれます

 練習試合となりますので、よろしくお願いします。

 

 天の声