10日練習日

   天の声

 

   10日(土)いい天気でした。

   発熱などレギュラー選手の欠席が2名。

   水曜日平日練習に来れていない地方組2名が居なかったのは寂しいことです。

   早く治して元気な姿見せて欲しいと思います。

 

   明日より全泉州大会が始まります。

   レギュラーは来週からの試合ですが、開会式もあり強い気持ちを作っておき

  本番に向かっていけるようにしておきましょう。

   強豪チームとの試合が続きます。望むところ?・・・!どんどん力つけて、

  本物の強さを身に付けていけるようにチーム一丸一戦一戦成長しましょう。

 

   次開催大会の6月1日から始まる浜寺大会の組合せが発表されました。

 

   各自浜寺大会のHPにて確認下さい。

   岸和田ボーイズの初戦は大阪八尾ボーイズとの再戦です。

   あと一本がここで!とならず貧打に悩まされた試合展開で、四球からの

  ピンチの連続www。苦しい試合でした。

   守備のリズムがそのまま打撃にも影響する典型的な展開の試合。

   しっかりと自分達の野球が伸び伸び出来るように頑張って準備しましょう♪

 

   この浜寺大会は、予選前の最後の大会となります。

   なんとしてもタイトル獲りに行きます!シビアに優勝狙う大会にします!

   監督自身も絶対に勝たなければいけない予選に向けて、自分にプレッシャー

  与えて戦う大会にします。浜寺大会みんなでタイトル目指しましょう♪

   本当は予選前南支部との対戦や見ている前では真っ向勝負はしたくない!

   これが本音ではありますが・・・色々な期待も感じるところです。

   

   組合わせはもちろん反対枠・・・簡単ではないですが、本番に向け仕上げが

  必要な時期ですので、春先とは違う勝ちに徹底的にこだわる戦いになります。

     

   日々練習を見ていて、少しずつ底上げが成されてきたこと嬉しく思っています。

   もっともっと現主力選手との差が無くなり、全力【全員の力】で勝ち進めるように

  なってくるように、これからもみんなの成長を楽しみにしています。

 

   まずは、来週からの全泉州大会!

   私含め、みんなが楽しみにしている茨木ナニワボーイズ様との試合♪

   6年生が18名になったとかwwwすごすぎますね~2チーム出来ます。

   横綱は向こう側・・・挑戦者として真っ向勝負を楽しみましょう♪

 

   毎年のことですが、春先からこの時期までは、どこも常勝とは行かずに

  勝ち負けを繰り返しながら夏に向け、チームが少しずつ固まってきます。

   全泉州大会・浜寺大会で今季のある程度の戦い方を決定し、完全な役割分担

  の中での試合となってきた時に、このヤンチャーズというチームは恐ろしく強い

  チームになると思います。

   指導者としてそういうチームに仕上げて行かなくてはなりません。

   プレッシャーもありますが、それ以上にみんなの日々の頑張りを見ているので

  楽しみのほうがとても大きいのが今の気持ちです。

   

   欲を言えば、投手のやりくりの為にもあと一枚捕手が欲しいwww。

   RITSUKI・KOUTAROU・TOUMAの3人が候補。

   練習していくので、夏には1人抜け出てきて欲しいなと思っています。

 

   現在捕手は、HIROYUKI・RIKIYA・KOUSUKEの3名。

   RIKIYA以外は現在投手も兼任。ここに投手がTOMOKI・TAKATO・TOUMAの

  3名で投手5名体制。

   夏には投手は何名居ても困りません。KOUDAI・RITSUKIにも成長して行く

  ための練習機会を与えていかねばと思っています。

   夏にRIKIYAが完全復活して、大事な場面を1イニングでも力で抑えれるような

  位置に置ければ万全になってきます。

   

   基本的に小学生での主力選手の多くは、投手・捕手・遊撃手を担当します。

   それだけ光も当たると同時に、打撃でも中心選手としての働きも要求されます。

   負担軽減しながら、みんなで力あわせて、乗り越えて行きたいと思います。

 

   野球は個人でやるのではなく、チームで戦うスポーツです。

   全員が、1人はみんなのために!みんなは1人のために!と力合わせて、

  チームワーク考え戦っていけるように期待します。

 

   明日のジュニア戦!応援にも行きたいと思いましたが、友好チームからの

  依頼でもあり、レギュラー選手の底上げに必要な練習機会でもあるので、

  合同練習となり、ジュニア選手は別行動となっています。

   多数の父兄の協力もあり、多数の応援には行ってもらえるようですので、

  活躍した!といういい笑顔の報告を待っています♪

   勝ち負けも大事ですが、全力であきらめずに元気よく戦ったかが大事です。

   下級生が多いので、5年生の2人は全力でカバーし、かつ、自分達の持てる

  だけの最高のパフォーマンスが出来るようにがんばってきて下さい。

 

   本日、RITSUKI用の木製バットを持参して、実打してもらいました。

   HIROYUKIとRITSUKIに試打させましたが、少しだけグリップが太いかな?と

  いう感じと、強度は維持しながらもう少し軽めの方が振り抜きやすいのかな?

  と感じながら見ました。

   竹バットではなく、素材だけでもプロ仕様だけに喜んでもらえたので、少し調子

  にのって、強打者向けに時間見ながら作っていこうと思います。

 

   絶対にレフト側を越えてはいけないという今の状況に於いて、少しでも楽しく

  木製バットを振って欲しいという苦肉の策です。

   全員ではないので、不公平感あるかも知れませんが、理解下さい。

   木製バットは手のシビレが異常なほど痛い時があります。そのリスクに対する

  褒美のような物です。

 

   木製バット使用者が増える嬉しい悲鳴は大歓迎します♪ 待っています♪

 

   天の声