40周年記念式典 他 2/9

   天の声

 

   まずは、現役父兄中心に日夜準備を進めていただいていた、大イベントの

  記念式典が終了致しました。本当にお疲れ様でした。

   

   辻坂会長・奥様並びに、井坂顧問らの想いのこもった40周年の式典です。

   人生の約半生をヤンチャーズと共に生きてこられた方々の一言一言に重みを

  感じさせられました。

   奥様から紹介のあった、ヤンチャーズ命名の由来・・・やはりヤンチャで元気な

  子供達をイメージしたとのこと。そして、団旗の『和』の文字については、仲良く!

  との意味が込められているとのこと!しっかりと胸に刻んで参ります。

 

   私は大失敗www。少し話そうかなと思っていましたが、直前1分位とあって

  端折ったら組み立てられませんでした。大反省です。すみません。

   選手は元気に楽しそうに過ごせたようで、この世代にこの式典を経験した

  責任のもと、将来の60周年・70周年記念式典を現役選手が主役となって

  開催してくれるようなことが現実になって欲しいと願います。

 

   顧問の昔の教え子より、貴重な情報をゲットしましたwww

   あの天使のようないつも笑顔の優しい井坂顧問!

   子供を叱ってはいけない!優しく!きついノックは危ない!と常にお叱りを

  受けている側の私達指導者ですが・・・

   実は当時は鬼だったとのこと!!!ムフフッ♪鬼はダメです。優しくしなきゃ。

 

   

   さて、式典もありましたが、準備は父兄に任せ選手達は通常通りに練習を

  してから会場へ向かいました。

   練習試合は、前日の大雪影響のグラウンド状況悪化の為、中止となって

  しまいましたが、午前中に何とか練習できるところまで回復させれました。

   (してもらいました)

   私は13時過ぎのグラウンド到着で、選手・父兄が一生懸命に冷たい水と

  格闘しながらグラウンドを作ったこととは無縁で・・・ゴメンナサイね。

 

   1時間程でしたが、前日に口頭で決めた戦略的守備隊形を練習して

  みましたが、予想通りwww。予想通りすぎて怖いほどハチャメチャでしたね。

   監督は底抜けに前向きです。よって予想通りと言うことは、将来君達が

  どれだけ伸びるかも予想通りになるとすれば・・・そう考えると今日のグダグダ

  を笑い飛ばし納得できます。少し叱ったけどねwww

   叱った部分は新しい隊形のことではなく、基本的なランダンプレーの基本無視

  の部分や、6年生の不甲斐ない部分についてです。

    

   練習はどんどんと厳しくなります。それを念頭に入れておいて、一回ずつ

  ことあるたびに固くならないことです。厳しくなるとわかって取り組みましょう。

   牽制球がそれることもあります。送球がそれることもあります。

   止まってプレーすることなど皆無なのです!よって動きの中で、いかに反応

  よく処理出来るかが、大事になります。

   もちろん送球や牽制の精度を上げる練習も必要ですが、反応よく動き処理

  できるだけの運動能力がとても大事になります。

   動きながら投げ、動きながら捕る、そして動きながら投げる!

   練習メニューに取り入れているはずです。何が大事なのか?何でやっている

  のか?しっかりと考えながら意識高く取り組んでいきましょうね。

 

   キャッチボールの大事さを今の6年生に、伝えきることが出来ませんでした。

   これは指導者として最悪で究極のミスです。

   キャッチボールが一番大事!何よりも大事!わかって取り組んで下さい。

 

   基本+基本+基本=初めて応用が出来ます。キャッチボールが一番大事!

 

   

   支部予選の組み合わせと日程が決まりました。

   気持ち高めて、自分達の持っている力を出せるように頑張りましょう。

   持っている力を出し切ることが出来るなら戦えます!

   結果の悪い場合は、采配・起用・練習を見ている監督の責任ですので、

  思いっきり自分達の野球をやってみることです。

   どこまで戦えるか楽しみにしています。

   内心相手はヤンチャーズを嫌がってますよ♪ たぶん・・・そう思いたいwww

 

   よくグラウンドへ遊びに来てくれる深江さんのお孫さん『みっくん』新1年生が

  やってみようかなと仲間入りしそうな感じです。

   一緒にいっぱいいっぱい遊びたいと思います。楽しみにしています。

 

   みなさん本日はお疲れ様でした。

 

   天の声