22日平日練習

   天の声

 

   遠方3名+HIROYUKI 以外は元気に参加♪

   早めに来れた6名とその後の選手とは実践打撃練習の数が大きく変わって

  しまいました。仕方の無いことですが・・・

   

   TAKATO・TOMOKIの2人を指名し、一緒にティー打撃しました。

   芯で捉えること少なかったTAKATOですが、手元までまず目で見ることを

  徹底することで、芯での捉え方が格段によくなりました。

   ジッと集中して綺麗な鋭い目で見てのスイングは久しぶりに感じました。

   いい目してます。少しヒント与えたので、素振りでイメージ固めて、実打に

  いい影響が出てくればと思います。

   右肩の下がりは、長い時間かけてクセついてしまいましたので、もう少し

  時間かけて治すしかないと思われます。

   右手で強く打とうとする意識が強すぎ、どうしても右肩下がってのスイングを

  したくなります。気持ちはわかるのですが、じっと我慢していいスイングフォーム

  作り上げるまで、頑張っていこう。左手が大事なんだぞ~

 

   TOMOKIは、一回ずつのスイング後のフォーロー位置が違ってしまいます。

   基本的にはどこを打っても足腰しっかりとしていればフォーロー位置にそう

  大きな変化はないはずです。これが安定してくればコンスタントに実績あげれる

  という感触は見えました。

   手が長く、極端に回せるために上半身で打とうとする意識が強く、

  毎回違うスイングになります。

   下半身で打つ!!!この意識を身につけ、安定したフォローへ持っていける

  ように指導の徹底をお願いします。

   足を広げて腰を回せて打たせると、てきめんにバラバラになってしまいます。

   まずは、下半身で打つ!!この意識を強調した指導をお願いします。

   

   先週15日水曜・本日22日水曜とKOUSUKEが野球ノート持って来ました。

   内容はそれぞれ多岐にわたります。

   大きな大学ノート3冊目が終わりそうです。3月までには終了しそうな感じです

 

   この1年足らずで、とても多くのコメント残しました。

   試合ごとに、課題に対して謙虚に真剣に取り組むので、成長が早いです。

   困ったときに、読み返し、読み返しすることで、必ずそこにヒントあります。

   メンタル面や考え方について記しているところは、この先の中学野球以降

  でも必ず役立つと思います。

   打撃も投球術も指導はその段階段階で違ってきます。

   特に投球は、これが出来たら次はこれ!これが出来たら次はこれ!と

  小学生は段階を踏んでいきます。無理をすると故障します。

   速い球を投げるのではなく、勝手に球が速くなってくるのが理想です。

   その段階を着々と踏んできています。

 

   スポーツチームにとって、それをまとめる中心選手にとって

  いかにキャプテンシーが大事かをこれからは勉強していく段階です。

   書いてくる文字数は本当に少ないですwwwしかし、これは5年生くらいでは

  当たり前のこと!百も承知です。

   それよりも、感じたことを率直に簡単にでも言葉にして出してくることを

  評価しています。決意も○○○します!○○です!と言い切りに変わって

  きました。そこからすべてが変わり始まっていきます。

 

   

   選手達へ

   野球ノートは自由です。決して強要したこともないですし、特に要望もして

  いません。よって、野球ノートとしてコンスタントに監督と特別に心のキャッチ

  ボールを続けているのはKOUSUKEだけです。(野球ノートで)

   KOUSUKEも気が向いたら持ってきます。

   

   念のために記しておきます。

   何を書いていいかわからない?だけど俺もやってみたい・・・!そう思うなら

  そう思っていることを第一ページに書いて持ってくればいいです。

   そこでしか書かない伝えれないことは山のようにあります。

   技術面6割・メンタル面3割・雑談1割くらいの内容で返却しています。

 

   気が向いた時、練習で気付いたこと、試合の後など特にいつ出すなどと

  考えずにいつでもいいのです。

   自分をどう見てくれているのか?監督の心の内側などが見れると思います。

   それよりも大多数への指導と、各個人的な指導とでは大きく違ってきます。

   これは本来ダメなことなのかも知れませんが、全体では不可能なことも

  たくさんあります。メンタル面などはその典型です。

   技術的にもある程度わかりやすく説いていくようにします。

   希望者いるならどんどん待っています。

   成長を希望しているので、こういう部分での遠慮は一切必要ありません。

   どれだけ大変でも、みんなの成長を見届けていくのが監督の仕事ですので、

  仕事には一切の手抜きはしません。

 

   ダメ出しがいやなタイプはやめておいた方がいいかも知れませんが・・・

   監督と野球ノートしたからと言って、チームに於いての立場的に何のメリットも

  ありません。ふざけた内容であれば、それは逆効果です。

   メリットは個人として少しでも成長のヒントがあるかもというだけです。

   本気が伝われば、本気でとことん付き合っていきます。

   中には、きっかけが欲しいと感じている選手いるかな?と思ったので書いた

  だけです。特にこちらから要望することではないので、以上とします。

 

   卒団旅行でやろうとしていたコントですが・・・

   6年生がどうしても拒否wwwとのことで中止です!!!!!!

   笑われてなんぼやろうが~とも思いますが、これを気にして旅行が楽しく

  なくなるなどとなれば、卒団旅行の本末転倒となりますので、無理強いは

  やめておきます。8割がた出来上がったM-1優勝出来そうな台本・・・

   また機会あれば、誰かにやってもらいたいとは思いますが、ネタの内容は

  HIDE・TAKUコンビだから成り立つものだけに、流用は不可・・・悲しい♪

   

   みんなに笑われる・・・みんなに笑ってもらう・・・

   自分に自信がないと難しいことです。気持ち理解しました。

 

   HIROYUKI・KOUTAROU・TAKATO この辺りは適任かもです。

   どこかで君達を舞台にあげようかな?秋の淡路島で!なんて・・・

 

   卒団旅行ですが、残念ながらRITSUKIは色々あり不参加になります。

   2月1日合流まで少し時間ありますが、正式にはそこからがスタートです。

   主将・副将選考の大事な日です。

   振り返れば、伝説の始まりの日!と記念日になればいいなと思います。

  

   天の声