今日は伊予松山より

   天の声

 

   お疲れ様です。

   2月9日(日)記念式典が18:00~ですので、午後15:00頃までは

  練習試合を入れました。16:00頃には選手全員試合用ユニフォームに着替え

  ホールで来賓客への挨拶で待機します。 

   空いたグラウンドは、大淀ボーイズ様に日没までは使用いただく予定です。

 

   さて、あと合同練習で気になった点について残りのコメントです。

   

   KOUTAROU・・・何もかもがすべてにおいて良くなっています。

   コツコツと確実に伸びを見せてましたが、ここに来て伸びに急速な変化が

  出てきました。以前は、キツク叱った際には大きな戸惑いと、呆然と立ち尽くす

  ような姿が目立ちましたが、今、ここに来てその姿は影を潜めました。

   しっかりとうなずき、自分が何を叱られているのかを充分に理解したうえで、

  その指摘に対しての反省をその場で出来るようになっています。

   一つ一つの自信がこうやって人を成長させるのかと、感激しています。

 

   試合では3つのミスを出しました。

   ①ショート深くからの勢いの死んだ球に対して、延びが早く前のめりに捕球

    してしまいベースから離れるというミスです。

     以前から指摘していますが、最後まで見てから延びる!これだけです

    延びが早すぎ、腕と足の稼動域が制限されています。

   

   ②牽制球の捕球に対し、少し集中力なく(反応が鈍い)その結果、捕球体勢が

    両手を使うような形になってしまい、後逸してしまいます。

     過去にも多数見受けられるのですが、右手を出すのが早すぎるため、

    せっかくのグローブの大きさが活かせません。右手は最後!基本は片手

    捕球です。KOUTAROUの場合は、強制的に右手後にして使えないよう

    にするなど、すぐに右手が出てこないようにすると捕球上手くなりそうです。

 

   ③本来なら即交代の場面!!!

     自分でフェア・ファールを決めてしまうと言うなんともお粗末なミス!

    この試合で打撃を見たいとの考えで先発させているので、我慢しました。

     大いに反省を見せていましたので、二度とないとは思いますが・・・

 

    選手全員へ

    ③のミスはあってはならない初歩的な怠慢プレーです。

     全員がもう一度、再確認するようにして下さい。

     大きくグラウンドのフェンスを越えていくようなファールでも、走っていく

    選手居ます。これは今までその想いを大事にしてきてましたが、

    フェンス越えるようなあきらかなファールに対しては、特に走っていく

    必要はありません。それよりも早く打席に戻り、次に備える方が得策です。

     無駄に走ると、戻るのが遅れ、何も考えれず投手ペースで打席に入って

    しまうことになりかねないからです。

     ファール走るなと言っているわけではないので、野球の常識範囲で理解

    するようにして下さい。

 

    TOUMA・・・初登場!

    野球をとてもよく知っています。状況判断と場面場面での自分の役割に

   ついても指導するまでもなく理解出来ています。

    打席での一つ一つの動作で自分のリズムを作っています。

    左打者特有の上手さを持っています。が、その上手さを出す場面と、

   強くスイングして鋭い打球を生む打席との両方の練習をしていきましょう。

    過去にライトゴロで相当苦しんだ末に、たどり着いた今の技術なのだと

   思いますが、小学校だけではないので、練習は腰をしっかりと回した

   スイングを意識して取り組んで行けばいいと思います。

    TOUMAの状況判断の出来る上手さは、打線にとって重宝しそうです。

 

    現状の選球眼の良い、最後まで球を見て引き付けてバットに当てる

   スタイルをもっともっと極めて行くことも大事です。役割でもあります。

 

    守備について

    常に動きながら捕球するため、ファンブルが少し多い気がしますが、

   決して悪いことではなく、そのまま動き止めずに、とにかく沢山のノックを受け

   数をこなして行く事でどんどん上手くなると思います。

    現状では内野手固定で考えていますが、外野手としても非凡なもの持って

   いるのではないかと思います。状況によっては考えて行きます。

 

    投手としてはまだまだこれからです。気持ちよく投げていますが、腕の振り

   がまだまだ弱く、上手くまとめようとする意識の方が勝っています。

    大きく踏み出して、強く蹴る!その勢いで強く腕を振り切るというスタイルを

   じっくり作っていければと思っています。

    将来的に投手希望なのかどうかでも登板機会は変わってきます。

 

    

    REN・・・先日のクロスカントリーでもわかるように、どんどんと成長は見せて

   います。が、これだ!と言う自信になるようなものがまだ見つかっていない

   のだと思います。

    誰にでも出来ることではない、腰を目いっぱい回転させて振り切るという形

   を手に入れかけています。振り切るからこそ出る結果が沢山やってくると

   思います。まず、RENはこの部分に自信を持っていけばいいと思います。

    そして、つなぎの役目と出塁率を意識していくことが要求されてきます。

    

    守備について

    見えないファインプレーをたくさんして欲しいと思います。

    打者別のポジショニングの勘を鍛え、観察力よく勉強し、自分で大きく移動

   することによるファインプレー!正面の平凡な飛球に見えて、そこに居るから

   こそ平凡に見えるという隠れたプレーを期待します。

    集中力必要です!勇気も必要です!観察力鍛えましょう!

   自分で考えて行動した位置に居ることで、大事な一歩目が必ず早くなります

    練習試合はそういう勇気を作る機会でもあります。思い切った勇気ある

   行動をしていくように期待しています。失敗していいんじゃねえの。

 

    

    伊予ミカン10個食べ切りました。黄色くなりそうです。

 

    天の声