12月7日土曜日練習

   天の声

 

   本日、予定通り体験者が参加してくれました。

   硬式経験者だけに、違和感なくすぐに溶け込めました。

   H・T君・・・準備整い次第、一日も早い仲間入りをお待ちしています。

 

   さて、久しぶりにM・ITSUKI(中2)が手伝いに来てくれました。

   いつも感じることですが、OBの訪問は本当にうれしいことです。

   

   低学年へのBPから始まり、2年生組へのティー打撃の手伝い・レギュラー組の

  捕手役・投球練習の捕手役・監督・体験者との遊びの付き合いなどなど

  フル回転でお手伝いいただきました。感謝・感謝です。

   ふみづき大会の頃にも気付きましたが、本当に素直にまっすぐと成長していて

  同世代の少しテレを見せる者達とはまた違い、気遣いなく、とてもフランクに

  接してくれます。

   子供らしいところを残しつつも、一瞬一瞬に見せる余裕も感じさせ、確実に

  大人の階段登っているなと感じました。

   礼儀をしらない選手達・・・そんなことはおかまいなしで気さくに対応してくれて

  いたITSUKIの余裕が物語っていました。

   それでいい!そのままでいい!そう思います。

   低い姿勢でのキャッチング!選手はきっちり見ていれば・・・勉強になったと

  思います。どんどん来てください。 いっちゃんママも♪

   今日はありがとうございました。子供達に代わって・・・感謝!

 

   ここに来て、半田紡グラウンドの設備が日に日に整っていきます。

   練習日の度に、父兄の方々の尽力でどんどん改良・改善されていきます。

   

   選手達へ

   大人は本当に忙しい・・・です。その中日々君達のために一生懸命やって

  くれています。父も母もみんなです。

   君達は野球・プレーでの感動で返すしかないです。

   全力を出すことぐらい出来る孝行者になってください。やる気があるのか

  無いのかわからないような無気力プレーを見せてはいけません。

   指導者に見せても、両親には見せないでやって下さい。悲しみます。

   

   TAKATO・・・新背番号を本日渡しました。15番です。

   短いわずかな時間でしたが、2人で話しました。

   3週間ほど持ったまま暖めていました。でも今日渡しました。

   今日現在まで考えた私の今の答えです。

   この件は、TAKATOより監督自身が悲しいし、悔しいです。

   頑張りを見せるところで、しっかりと見せて行く!TAKATOの立場では、

  チームメイトにも指導者にも見せる必要があります。

   重荷になるなら楽な場所で戦っていけばいいとは思いますが・・・

   

   今日見せた場面!悲しいの一言。

   トップ抜け走の場面。最後に残っているのが、

  6年キャプテン・5年キャプテン・副キャプテン・それと体験者・・・なんだこれ!

  ずっとこれを続けているからずっと同じ。

   あきらめと、しんどさから逃げなければいつか勝てます。

   守備も打撃も同じ!全部が野球です。あきらめる奴は、野球もどこかで

  同じようにあきらめます。勝敗決まる前にあきらめます。

   走るのも・プレーも全部野球だと、もう一度考えてみて下さい。

   チームを考える上で、残ったメンバーが悪すぎるという話です。

 

   反してKOUTAROU・・・7日もう違う次元に行きました。

   たぶん追いつけません。

   苦しみながらも2位・3位・2位と来て4番目にトップで抜けていきました。

   たぶんもう追いつけないと思いますよ。

   確実に強くなっています。自分に強くなったところから、急速に伸びます。

   クロスカントリー・・・無理せずでいいです。

   普通に自分のペースで走っても粘りが利くから充分記録でます。がんばろう。

 

   では明日、高石ボーイズのみんなを元気良く迎え、年内最終の練習試合を

  楽しみましょう。      

   

   天の声