11月13日水曜日 ユニクロ最高(宣伝w) 

       天の声

 

    今日、水曜日は寒かったですねー。下着にヒートテック登場しました。

 

    ヒートテック・・・ユニクロ!

    10万人プロジェクトというものがあり、すでに締め切られましたが、

   ヤンチャーズとして応募しておきました。当たればいいな~♪

    父兄・選手がヒートテック着用して『ヒートアップ』ってな具合で熱い応援とプレー

   が出来ればいいなと思います。

    

    さて、本日の練習には仕事の都合で行けませんでした。

    YSコーチありがとうございました。

    お聞きしたTOMOKIの件、本人より連絡ありました。

    程度は軽微かと思いますが、万全尽くして2週間程は様子を見たいと

   思います。炎症を起す部位も個人個人違いますので、難しい問題です。

    故障しない強い体つくりを今のこの時期からやっていきましょう。

    

    笑い話を一つ。

    本日のTOMOKIからの電話の会話です。(一部抜粋)

    19時~20時の間、仕事の打ち合わせで放置していた携帯に2件の

   相手先のわからない電話着信が入っていました。

 

    結果1つは、仕事関係・もう一つがTOMOKIでした。

    ただし、この時点では誰かはわかりません。留守電もなかったので。

    

    私  ・・・『誰だろうか?お客様かな?』『コール・コール』

  相手側 ・・・『婦人部長がしとけ!っていうからした』

    私  ・・・『誰だ?』

  相手側 ・・・『TOMOKIです』

    私  ・・・『婦人部長がしとけって言うか?』『監督に直接連絡しといた方が

           いいよって。感じじゃないのか』

  TOMOKI・・『・・・・・・・・・・モゴモゴwww』『そんな感じです』

    私  ・・・『ところで何だ?』

  TOMOKI・・『痛いので・・・』 ここから本題で故障の件です。   

    

   携帯社会となっての弊害がこういう部分に出始めています。

   自宅での電話をとる・かける機会が極端に減り、訓練の場がなくなって

   しまっているんですよね。いい機会ととらえて、何かあればどんどん直接

   電話連絡してくることです。ダメだしいっぱいしてあげますよ。

 

   また、今回TOMOKIから開口一番に婦人部長から!と出たということは

  自分からこの件は、監督に伝えておかなければ!と思わなかったという

  意思のあらわれ。この部分には私が反省し、直接言っておこうと本人が考えて

  くれるような存在にならなければと思います。

   人生50年を前にして、子供達が日々成長させてくれる。嬉しいことです。

   尚、50年にはあと3年ありますが・・・誕生日もういらねぇ~!

 

 

   表題に載せた写真について

   去年の先輩『行武大地』と『片岡瑞樹』です。

   ①瑞樹の球を捕らえた場面とフォローに入って行く場面(違う打席)

   ②大地の投手を見つめてしっかりと準備して構える姿勢

 

   特に何をってコメントしませんが、自分達で先輩を見て、その中から

   気付き感じてもらえたらと思います。

 

   投手を敵だと認識して立ち向かう闘志!前面に出していきましょう。

 

   上記2人の先輩の素振り表は回数だけでなく、とても充実していました。

   自分で努力することの大切さをしっかりと身に付けました。

   目標があれば目的が生まれ、日々の行動が充実します。

 

   もう一つ先輩に『畠山 伶』がいます。こいつの素振り表もとても充実して

   いました。小学校時代には思うように結果が出ませんでしたが、必ずこの

   努力は将来自分を助ける!といい続けてきました。

   これからどう成長するかはわかりませんが、目標が明確で目的を知っている

   限りは、どんどんと成長を続けていくはずです。

   自分に挑戦して、いつでも目一杯まで追い込んで走っていた姿が懐かしいです

 

   今、目標が明確で、しっかりと努力の大切さがわかっているな!と監督が

   感じれる現役選手は・・・

   TOMOKI・KOUSUKE・HIROKI あくまで監督の主観です。

   16名の名前が出せないのが残念です。

 

   センスという言葉・・・監督はあまり好きな言葉ではないですが、

   そのセンスあることで、そこに頼ってそれなりに出来てしまうTAKATO

   これは、I・DAICHIが悪い!完全に流されています。

   HARUKIにすでにその兆候が見えます。本来伸びるはずの所まで伸びて

   欲しい。複雑な表現ですが、それなりにはなって欲しくないと思っています。

 

 

   天の声