2日 指名練習

   天の声

 

   本日の個人指名練習は終始打撃指導でした。

   指名参加者

   HIDETOSHI・TAKUMI・MASAYUKI・KOUTAROU・TOMOKI

 

   自主参加

   REN(1時間)・KOUDAI・・KATSUYA・HIROKI

 

   次回コーチ会議にて紙ベースに落とした上で、共通認識必要だと思いますが、

  個別に伝えていることを書いておきます。

 

   HIDETOSHI

   タイミングの取り方に大きな問題があり、体重移動がうまく出来ません。

   1、グリップを下げて、回すようにバックを取る癖の為にヘッドが遠回りします。

   2、軸足に粘り無く、上げた足が勝手に力なく降りてしまいます。

   この点を修正するために、そのまま並行にバックを取る事と、踏み込み足を

   力強くドンと出すように指導しています。

  

   TAKUMI

   タイミングや芯で球を捉えることにはだいぶ慣れてきており良くなってきています。

   1、手打ちが多く、腰の回転を合わせて振り切ることが出来ません。

   2、大きく振りかぶる投手には、打つ前に左足が大きく開いてしまい外が打てません。

   この点を修正するために、不器用と言えばそれまでですが、右軸足を中心に腰を

   しっかりと回転させることと、開き気味になってしまった時には手をしっかり外側に

   伸ばして右に打つように指導しています。時間かかります。

 

   KOUTAROU

   1・2の3で振りに行くことが多く、来た球に柔軟に対応することができません。

   1、極度の緊張症があります。練習ではリラックスして振れます。

   2、体重移動が不完全で、打ち終わった姿勢が崩れます。

   この点を修正するために、バッドで捉えるその一瞬までは顔を残し、広角に打てる

   喜びを感じて欲しいと考えています。また、足腰強化を兼ねて、腰をしっかりと回し

   フォロースルーを大きくとって、その姿勢を維持するように指導しています。

   打った後に、ホームベースを踏むように前にのめりこむ姿勢が目立ちます。

 

   TOMOKI

   球を芯で捕らえれないことが多く、打球の回転が非常に悪く打球に力がありません。

   1、テークバックをとった位置と、振りにいく時の頭の位置が極端に違います。

   2、グリップが先に出てしまい無理矢理ヘッドを回すために、切ったような球になります

 

   この点を修正するために、普段の素振りに、おへその前でグリップを回す練習を

   取り入れていくことと、打ち出すときに沈み込むような振り方をしないように指導

   しています。また、手打ちに見えることも多いため、腰の回転にも注意するように

   伝えています。ダウンスイングではないのに、沈み込むために結果的にダウンの

   形で球を切ってしまいます。

 

   MASAYUKI

   小さな体で目いっぱい振っています。が、外角球も無理矢理に引っ張りに行って

   結果ひっかけてしまうことも目立ちます。

   1、打った後のフォローが波打ち、バットが下がります。

   この点を修正するために、スイングスピードがついて来たので、外角球は素直に

   バットを出すように指導しています。また、フォローの重要性を知ってもらい、きれいな

   軌道を描いて振りぬくように伝えています。

 

   以上本日の指名5名です。

 

   自主参加者

   KATSUYA

   まだまだですが、打撃は格段に成長しています。もう少しです。

   

   HIROKI

   外角球のカットが上手くなって来ました。真ん中からインコースはかなりの高い確率で 

   きれいに打てます。高め球への対応が課題です。スイング軌道がとても綺麗なのが

   大きな武器で特徴です。守備時の元気のなさが試合での先発出場が少ない

   原因です。守備時に下を向かないで、常に元気でやっていけるようになれるかが、

   最大の課題です。

   

   KOUDAI

   手打ちが目立ちます。スイングに迫力がなく、もっと思い切って振りぬいて欲しいと

   感じます。タイミングの取り方がうまいので、手打ちでありながら体重が伝わり飛んで

   はいますが、本来ならもっといい打球が打てるはずです。

   

   全員の打力底上げし、多少の失点どんと来い!と跳ね返せる打線にしていきましょう

 

   コーチの方々よろしくお願いします。

 

   天の声