6月29日練習・30日練習試合

    天の声

 

    梅雨真っ最中の中ですが、天候に恵まれ週末はグランド使えています。

    嬉しい限りです。また、選手も皆元気で休まず頑張っています。

 

    練習の成果が少しずつではありますが、出てきています。

    個人個人の成長により、チーム力として根付いてきています。いい傾向見えます。

    満足いくものではありませんが、先々に楽しみを持てる成長が見えて来ました。

 

    堺Jボーイズ様・泉佐野ボーイズ様 急なお願いにもかかわらず、遠征練習試合を

   ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

    また、堺Jボーイズ様には『ふみづき大会』に於いて接待をお願いしております。

    重ねて御礼申し上げます。よろしくお願い致します。

 

    さて、試合内容ですが、4試合フル出場した者が数名居た中、大きな疲れも見せず

   に出来たことは収穫です。それぞれ試合後に伝えた注意事項は大事なことばかり

   です。特に、常々流れを変えるプレーについて言ってきていることが、顕著に出た場面

   がありました。いい勉強になったはずです。

    まずは、試合の流れを相手側に渡さぬことが一番であり、渡ってしまった流れは、

   いかに早くこちら側に戻すかです。戻すきっかけになるプレーは自分達で作ります。

    その方法は無限にあります。試合経験の中で、早く覚え・身に付け・劣勢の試合を

   形勢逆転できる力をつけて行きましょう。

 

    練習試合後の打撃練習ですが、大変よく振れていました。

    また、コーチ陣が守ってくれた時の守備時の声の掛け方・出し方は、打ちながらも

   しっかりと見て、聞いていれば勉強になる場面たくさんあったはずです。

    

    ミスは誰にでもあります。これも何度も伝えています。

    但し、準備をしていたか?打者に合わせて守備位置をしっかりと考え移動して

    いたか?絶対に捕ってやる!止めてやる!と強い気持ちで追いかけたか?

    次の塁をしっかりと判断して狙ったか?5cm・10cmの距離を大事にしたか?

   それが大事です。その気持ちが指導者に伝われば、ミスではなくただの失敗です。

    それもいい失敗です。だから交代などは絶対にありません。

 

    即交代させられている場面のミスは、守備・攻撃双方ともに、あまりにも覇気がなく

   指導者から見たときに、敵に見える場合です。

    また、大きな声で叱咤される場合は、1度ではなく同じミスを何度も繰り返している

   場面です。

    打撃のスーパースターは欲しいですが、守備・走塁のスターは求めていません。

    全員が、当たり前のことを当たり前に!その上で高いレベルの判断を全員ができる

   ようになって欲しいと思っています。チーム勝利が自分の『一歩!』の判断にかかって

   いるんだということをもっともっと体で覚えて欲しいと思っています。

 

    判断が0.1秒・一歩早ければ、守備ではアウトに出来、攻撃ではセーフになる!

   このことをもっともっと大事に真剣に取り組んで欲しいのです。

    当初よりはだいぶ出来てはいますが、まだまだ遠いです。頑張っていきましょう。

    天の声が目指す野球を、この世代でしっかりと完成させて次の世代へ良い引継ぎ

   をお願いします。

 

    もう一つ!小技の価値!この精度をあげ、その場面でしっかりと狙った位置に成功

   させれた場合に、全員がその価値を称えれるその重要性がわかるチームになって

   いってもらいたいと思います。小技の価値は、勝ちです。

 

    最後に、30日KOUSUKEが野球ノートを持ってきていました。

    予選の反省と練習試合での守備・攻撃での自分のミスを反省した内容です。

    いい意味で、最近KOUSUKEが目立たなくなってきました。これは全体的に伸びて

   きた表れです。ただ、考え方や一つのプレーの反省を次に生かそうとする意識の

   部分などは、まだまだ一歩も二歩もみんなをリードしています。

    野球ノート一冊終わりました。次のノートは天の声が用意します。

    こわーいプレゼントです。誤字・脱字も増えてきていますので、書いたものを

   読み返し、面倒がらずにきれいに消しゴム使い、書き直すくせをつけましょう。

 

 

    天の声