29日(水)練習終えて

    天の声

 

    雨予報でしたが・・・熱中症でそうなほど暑かったですね。

    途中ギラギラの太陽出てきました。

 

    ホームベース周囲のラインマーク(緑色紐)を埋め込みました。

    パイプ使用せずに、結び目を強く深く埋め込む方法とりましたが、接着固定して

   いませんので縦方向の強く大きな力を加えるのは避けてください。

    通常使用では数年?大丈夫です。

 

    土曜日からは浜寺大会始まります。初日は開会式・終日接待・W試合と忙しいと

   思いますが、宜しくお願いします。

    接待会場での試合です。子供達には是非いい試合で頑張って欲しいものです。

 

    さて、本日の練習風景ですが・・・リーダー的な者がなかなか出て来ません。

    キャプテン・副キャプテンとは名ばかり・・・ジュニアのメンバーも同じです。

    新入団選手で元気のいい選手入って欲しいです。

 

    走塁に関してですが、暴走は認めませんが、セオリー通りの積極走塁が出来ない

   者はどんどんとチャンス減ります。

    集中力持って塁に立たなければ、それは攻撃のエラーです。

    自分の行動一つで勝敗を決める! 勢いまで止めてしまいます!

    ノーアウト満塁!大チャンス・・・そこで5球一度もバット振らずに見逃し三振!!

   今日の練習での一場面です。言葉ないです・・・  

    掴みかけた上位打線への切符がスルスルと抜けて行きましたよ。残念。

 

    練習でストライクを積極的に振れない者が、試合の緊張感の中では振れません。

    本人はさほど気にしてないのかも知れませんが、練習ではあってはならない

   してはならないミスの一つです。

    投手がダルビッシュだったのなら責めませんよ!!

 

    飛んだ方向への指示・守備準備・心構え・自分への飛球への声だし・・・などなど

   毎回・毎回言っていますが、その場限り。

    きっと本心ではそんなこと重要ではない!!などと思っているのかも知れません。

    全員が当たり前にそういうことが出来るようになった時のチーム力を知らない

   のだと思いますが、9人がそうなれば負けないですよ。

    

    6月2日硬式野球体験会・・・たくさんの選手に来てもらいたいと思います。

    KOUSUKEがいい風入れたように、教えられたことを真面目にしっかりとやろう

   とする意識高い選手集まってもらい、レギュラー選手の総入れ替えしたいくらいです。 

    

    団体競技である以上は、自分の役割に於いて、それをやろうとするかが大事です。

    やろうとした結果(経験者は見ればわかります)については不問です。

    役割まっとうしても、それに対し他の選手は無反応・・・指導者だけがナイス!と

   声掛けする。こんな状態ではいけません。結局は君達はホームランしか認めない

   個人競技に向いた状況で野球をやっています。

    

    いい負け方して下さい。全員が内野ゴロを打って、すべてアウトでいいので完全試合

   されて下さい。次の試合からは連戦連勝できます。全員がゴロ狙っていつでも狙って

    強いゴロ打てるなら、こんな強いチームはありません。

     

    球を見ずにバットを振る選手が5名・・・

    平気で絶好のストライク見逃す選手が数名・・・  

   君達がバッターの時エンドランが出せません!!そんなこと考えたことありますか?      

    起用しないのではなくて、チームとして機能しなくなるので起用できないのです。

 

    せっかくの練習していてもそれを必死に克服してなんとか最後まで球を見て

   スイングしよう!という気持ちが見えません。いつまでたっても同じですよ。

    1ヶ月・2ヶ月捨てる気持ちで、そればっかり真剣に練習すれば、すぐに中心打者

   になれます。練習なのですから練習すべきです!

    誰に何を言われようが、天の声がそうして行きなさいと言ったことは絶対です。

    その姿が見えなければ、評価のしようがないということを自覚下さい。

 

    5年生がどこに照準合わせてるのか知りませんが、天の声は5年生は来年に

   照準を合わせているので、それまで時間たっぷりあります。

    ただ、本人がしっかりと直し、克服してやって行こうという気持ちがなければ、

   時間はなくなり、結局は来年の今頃も同じことを言われていて、試合には出ていない

   と思います。目先の結果求めるな!とアドバイスです。

 

    本番は来年で、もっと言えば中学・高校・大学です。

    目先の結果にはこだわらず、まずは来年6年生でしっかりとレギュラーらしく

   迫力ある打撃できるように、今はきっちりと練習して欲しいです。

    

    天の声