泉州大会 レギュラー戦・・・

    天の声

 

    2大会目レギュラー戦終了しました。

    想い出しながら良かったところ記述します。

    

    新チーム初出場 初試合の3名 TOMOKI・HARUKI・HIROKI

    よく頑張りました。TOMOKIは初登板・もちろん初先発です。いきなり4失点の

   船出ではありましたが、初回から2度も6年生が足を引っ張ればそうなります。

    6年生二人は、TOMOKIが初登板ということも重々承知していました。

    全部自分の所へ飛んで来い!俺達が何とかしてやる!という準備と心構えと

   さまざまな部分が足りません。

    HARUKI・HIROKI 思い切りのいいスイング・倒れこむくらいの気持ちいいスイング

  素晴らしいの一言です。守備機会も無難にこなし、言うことなし。立派でした。

 

    ①KOUSUKE

    まずは、ワンバウンドを見た瞬間にスタートを切った積極性。結果的に捕手上手く

    アウトにはなりましたが、大拍手です。あの体勢から正確な送球をした相手捕手が

    良すぎました。不十分な体勢からのスローイングは良くないが定説です。

    だから相手の胸に投げなさいといいます。良い体勢からスローイングするためです

    常時こういう走塁を心がけれるチームは強くなります。いい見本でした。

 

    もう一つKOUSUKE

    通常ならライトゴロとする打球でしたが、2アウトではないため、瞬時に3塁ランナー

    のスタートが遅れていると見るや、矢のような本塁送球!!ほんの少しずれては

    いましたが、本来なら捕手がそれを気づき、前に出ず本塁封殺すべきでした。

    あの場面この一球の判断は大正解です。よく考え観察しています。

    今後もっともっと練習重ね、完璧なアウトとれるようになって下さい。

 

    もう一つKOUSUKE

    緊迫したゲーム展開の中、同点に追いつくきっかけとなる3塁打!

    3球目までの離塁もしっかりと投手に圧力かけれており満点です。

    こうして考えて行動している姿を見せてくれると、選手個人の判断に任せて行く

    ことができます。KOUSUKEはこの2大会で多くを吸収し、一歩抜け出ました。

 

    ②RIKIYA

    まずは、しっかりと打力を見せてくれました。0-3からのポップフライは褒めれ

    ませんが、しっかりとスイングした結果なので仕方ありません。紙一重です。

    練習不足の捕手ですが、少しずつやっていきましょう。

    6年集団強豪和歌山連合チームをぎりぎりまで追い込みました。力投見事です。

    投手としての技術を身につければもっと楽に行けます。

    練習日に今日の設定をつくり、一つずつ説明しながらやり直します。

    まだ練習していないので今日の内容はほぼ満足です。捕手・投手・遊撃手・指導者

    この4つのコミュニケーションでランナーと対峙します。練習します。

 

    ③ダメな部分は数え切れないくらい出てきますが・・・もうないwww

    何とか搾り出して、走塁は失敗だらけだったMASAYUKIですが、遊撃守備についた

    時は、前に突っ込み見事にアウト重ねました。ナイスです。でも帳消し・・・

 

    ④レフトRENが抜けた打球に対して追いかける全速力の姿勢!これは大拍手!

    なかなかあのスピードはでません。こういうプレーが天の声のツボです。

    でも色々ありRENも帳消し・・・

 

    ⑤HIROYUKI・・・何か頑張ってたような気がするwww

      おやすみ

 

    明日からのジュニア戦 おもいっきり楽しもう。最終日まで残ろうぜ。

 

    

    【天声語録⑯】

    送りバントの場面はそうそうない!とてもとても大事なランナーだからです。

    その意識がランナーになければこれ最悪!牽制死してほしくない、盗塁死し

    てほしくないから送りバントです。牽制死・・・絶対ダメ!肝に銘じよ。