ひろゆき ②

      天の声

 

     全体的によくなりました。

     まず写真①で左肩が少し上がってしまいます。

     たくさんの写真とりましたが同じです。微妙なことですが、ここまで仕上がってきて

    いますので,修正は容易で将来の本格派投手としての土台が出来つつあります。

 

     また、①・②でわかるように体に似合わず、大きく歩幅をとっています。

     決して悪いことではありませんが、あと5mm~1cm踏み出す歩幅を短くすることで

    右足のケリ足に力が入るようになり、高目へ上ずる球が減り、低目へのコントロール 

    がつくようになると思います。

 

     全体的には、体全部を大きく使えるようになっており、体重がしっかりと球にのるよ

    うになる投げ方となりました。

     秋から来年春にかけ球速は飛躍的に伸びます。間違いありません。

 

     本格派でありながら最後まで球の出所がわかりにくいフォームで、楽しみです。

 

     あえての課題は、足腰の弱さから軸足でしっかりとフィニッシュを耐えること

    できずに,左側に倒れこんでしまうことが多いことです。

     軸回転はほんの少し左に折れてしまいますが、今のこの時期では完成度高く、

    すぐに修正できます。

 

     走りこみ、投げ込み、足腰が出来上がったHIROYUKIを来年打てる選手居るのか?

    それほどの期待をしています。  がんばれ ひろゆき♪