高校野球界より悲しいNEWSが・・・

   天の声

   

   何のためにやってきたのでしょうかね・・・

   今日名門PL学園の夏予選出場停止のニュース報道がありました。

   

   PL学園は、全国優勝を過去に何度も経験している名門中の名門です。

   最近こそ実力レベルは低下の一途を辿っていますが、そんな中でも在籍選手の

  ほとんどは,小学野球・中学野球を経験した者達の集団です。

   知り合いも新3年生で2名在籍しています。辛い話しです。

   対外試合8月下旬まで禁止!!

   春からは練習試合どころか練習も自粛していましたので、新3年生にとっては、

  実質的に昨年の2年秋に引退みたいな状況です。

   3年生の夏!この予選の感動は一味も二味も違います。

   目標はもっと先にあるのかも知れませんが、まずは幼少の頃から続けてきた野球の

  一区切りになる夏予選です。ここから上には野球人口がガクッと減ります。

 

   いつもこんなニュースを聞くたびに、暴力事件の当事者達はどう詫びるのか?

  と強い憤りを感じています。タバコ・飲酒・後輩への暴力・喧嘩など処罰の理由は

  さまざまですが、目標・目的がぶれてきた時にそういった事件は起こるのだと思います。

 

   極端な考え方かも知れませんが、小学生から色々な楽しみを犠牲にしながらも

  野球漬けの毎日を送ってきたのは、高校3年生の夏に甲子園をかけた予選を戦うため

  と言っても過言ではないのではと思っています。

   自分の高校当時や子供がそんなことで大切な時期を逃したと考え置き換えた場合、

  自分が加害者で新たな暴力事件に飛び火しそうな気持ちです。

 

   ヤンチャーズ選手諸君もいずれは高校野球に接して行くと思いますが、

  こんなつまらないことの加害者・当事者にならないで下さい。

   タバコ一本・お酒一口が、先輩・後輩・OB・父兄関係者など数百人・数千人に

  悲しい想いをさせてしまいます。また、その者の出身チームからの後輩の進路が

  なくなったりと針のむしろの状況下に置かれます。

   

   機会があれば少しでも記憶の一片として残して欲しいので、選手には将来に向けた

  話しとして聞かせてみようかと思います。

 

 

       天の声