不安だらけの始動【2/3練習試合】

    天の

 

 2月3日日曜日待ちに待った練習試合解禁。

 天気にも恵まれ試合消化できた・・・消化できただけ!不安と不満一杯の始動。

 

 大阪西ボーイズ様遠いところ朝早く遠征ありがとうございました。

 昨年一年のみならず、これまで本当にたくさんの練習試合させていただき感謝の

想いでいっぱいです。

 残念なことに今期での解散が決定したとのこと。寂しい限りです。

 米田代表の温厚で優しい人間性・古川監督の指導力など見習うことばかりで、本当に

お世話になりました。お互いに予選突破に向け頑張って参りましょう。

 ~PS~古川監督・・・4月から半田紡へ通えないですかねww

 

 

 さて、試合内容ですが、大阪西さんの選手の堅守ばかりが目立ち、ヤンチャーズ選手の

ふがいないプレーの数々!!!2試合 計6失点のすべてが凡ミスエラー絡み。

 試合後はあえてミーティングとらなかったですが、言いたいことは山のようにありました。

 6年生選手はわかっているはずだと思うので一切触れてはいません。

 

 高度なファインプレーよりも、イージーな内野ゴロの1アウトが大事。

 大きな1発よりも、大事なところでの1球で決める送りバントが大事。

 野球は流れをいかに自チームに引き込むか!持ち込んだ流れをいかに維持するか!

それに尽きます。 凡ミスを繰り返し、相手側に流れを渡すと何もかもが上手くいきません。

 

 流れを変えてしまうプレーの代表的なもの守備編

 ①先頭打者への無用な四球。  ②雑なプレーの結果のエラー(積極的なエラー省く)

 ③ボール回しでの悪送球。    ④ランダンプレーでの失敗(相手走塁ミスを助ける)

 

 流れを変えてしまうプレーの代表的なもの攻撃編

 ①先頭打者の凡フライ。      ②無気力牽制死やあきらかな暴走。

 ③全力疾走しない態度。      ④ストライク見逃し、ボール球で討ち取られる。

 

 守備編・攻撃編ともにあれば負けます。なjければ勝ちます。これが野球です。

 

 今回の練習試合5・6年生にはハッキリ言っていいところ全く無し!!!!

 収穫は4年生の頑張り。打席での粘りや結果、なんとかしようと言う気持ちが伝わりました。最後の予選だから学年順で・・・そんな気持ちは全くありませんので。

 

  

 土曜日の練習で最後のノック時のこと

 最後に残った者に対して、捕手役の【りく】が素晴らしい声がけをしてくれました。

彼は本来ならば主将を張っててもおかしくないタイプ。残念なことに自分に甘い体質から

その職責にはついてはいませんが、隣で聞いていた私は、あ~これがリクの本来の姿だよなと少しばかり嬉しくなりました。

 

 天の声