30日水曜練習終えて

天の声

 

風邪をひいてしまった者2名欠席でした。

ただ、休みのコウタロウ母よりうれしい話も聞けました。

今までは少し風邪で熱が出ると同時に喘息の発作を併発していましたが、

とても体が強くなり普通の風邪症状で治まっているとの事。

野球以前に、こういうエピソードはうれしい限りです。

 

6年生にケガ人が出てしまいました。この時期の大きなケガは非常につらいです。

本人が一番悔しいのでしょうが、野球以外でのケガだと言うことが私は悔しいです。

 

自己管理については色々と話してきましたが、こう言う形での6年生離脱はチームへの

影響計り知れません。

スポーツを志す者にケガ・故障は付きものですが、それを未然に防ぐのも自己管理で

あり、チームワークの一端です。

 

このケガには前兆があったように思います。

先日の卒団旅行時にその選手は、指定のヤンチャーズグラコンをUSJ到着で

脱いで最後グランドまで着ていませんでした。1人だけです。

低学年から6年生までその者以外はUSJ~グランドへ戻るまで着ていました。

 

気にはなりましたが、卒団旅行なので言わずにいました。

この卒団旅行では小言はやめようと考えていたことで控えていました。

 

ただそういう部分もすべてが野球につながります。

野球以外の部分で乱れてくると、そのすきを魔物が襲ってきます。

今回はそんな心の隙間に入り込まれたのかも知れません。

現場で注意してあげていれば今回の怪我はなかったのかもと・・・指導者として深く反省しています。

  

起こってしまったことは仕方ありませんので、この経験を野球人生のいい勉強材料にして次につなげて欲しいものです。今後の為にも本人には、自己管理の重要性について感想文の返事とともに手紙にて伝えたいと思います。

 

 

さて、2月よりいよいよ本番体制に入ります。

秋のメンバーから最低4名はレギュラー入れ替えです。 すげぇ~!

2月2日の練習からバシッと気持ち切り替えて集えるか?6年生見ものです。

 

 行事の多かったオフシーズン12月~1月

週末からの急激な変化に着いて来れるかどうか・・・やる気のある者だけで戦うと私の腹は

決まっています。気合の見えない者にチャンスはないのは当然と覚悟下さい。

中途半端な気持ちの6年生より低学年でと考えています。

 

 

天の声