長い一日でした。

天の声

 

思った以上に気温低かったせいか、色々ありすぎたせいか・・・普段よりも

ぐっと長く感じた練習の一日でした。

 

予定外の体験者(見学)1名\(^o^)/

活発そうで、いかにも野球少年♪ 4年生の小さな体ながら非常にバランス良く、

期待の現4年生軍団にいい刺激与えてくれそうな予感。

2年後には一緒に全国制覇を目指し戦う仲間になれたらいいなと思います。

 

あっ!全国制覇・・・2年後本気です。全国出場は通過点・・・そういう目標を持てる軍団に

成長してもらいたいと期待しています。

今の4年生甘えん坊軍団の状況からは想像できない方が大半でしょうが、春~ジュニア戦を戦い、うれしい誤算のレギュラー戦を経験する中で、急激に成長を見せる時が来ます。

そのタイミングで、トップギアーに入れたときに、ついて来れるなら最高学年では全国制覇目指せるチームへと変貌しているはずです。

 

厳しい言い方ですが新チーム現5年世代では、絵に描いた餅になってしまいます。

モチベーション高く持てる違う目標を掲げて、戦っていくことになると思います。

新チームは伸びしろ大きいので日々の成長を感じ取れるという意味では、選手ともども

楽しみな一年になりそうです。

新6年生が、悔しさの中で本気で努力することに目覚める時が来れば、そのときには自ずと新しい目標が生まれていると思います。

 

さて、今日は一日6年生を見方によれば理不尽に、一方では計算の中で、分断したり、

一緒にしたりとしてみました。

練習は何のためにしているのか?

究極は自分のためです。それ以上でもそれ以下でもありません

 

ただ、自分に甘い選手と自分に厳しく出来る選手との違いを最後に話しました。

小学生ですから常時ピリピリと緊張してできるわけはありません。メリハリです。

6年生なら抜いていいところ、はしゃいでいいところ、一生懸命真剣にやるところ

わかるはずです。放任した中でじっくりと見てみました。

自分の為に一生懸命できる者は、自分の為にやりなさいと話しました。それが結果的に

チームのためになると。逆に自分に甘く、これぐらいでいいかと手抜きしていまう者は、

チームの為、親のため、誰かのために一生懸命やりなさいと伝えました。

それが結果的に自分のためになると。

 

予選開始まで6年生7名の団結のために、もっともっと精神論伝えていきます。

反応はさまざまでとまどっている感もありますが、きっといい方向に向かいます。

勝たしてやりたかった・・・と指導者が後悔したくない!本音です。

今は本気の者が?名。必ず本気の7名にして予選を迎えたいと思います。

 

 

話は変わり、来週27日はUSJです。一日野球を忘れて、子供らしく伸び伸びと羽を伸ばして遊んでもらいましょう。危険なこと、人に迷惑かけるようなこと、それ以外は小言はなしです。父も母も指導者も仏の顔も三度いや十度まで我慢しましょう♪

 

天の声